どんな会社なのか

man tired near laptop

エスビーティーの動向に注目する前に、まずはエスビーティーがどのような会社か知っておきましょう。
エスビーティーは中古車の輸出販売を行う会社です。主に日本の中古車を海外に輸出して販売する事業を行っており、今や国内に8カ所、海外に41カ所のオフィスを展開する超大型の会社です。
近年どんどん増えつつある中古車輸出産業の先駆けとなる会社で、車の輸出販売においては業界全体をけん引する存在だといえます。今後も中古車の輸出販売の需要は高まり続けることが予想されますので、エスビーティーの売り上げはどんどん増えていくでしょう。

実際、エスビーティーの売り上げは急上昇しつつあります。2009年には75億円だった売り上げが、2010年には124億円、2011年で179億円、2012年で229億円と順調に成長しています。
そして、劇的に成長が加速したのが2013年からで、2013年の売り上げは450億円、その翌年で610億円、最も新しいデータである2015年度のものでは、なんと921億円もの売り上げを記録しています。
この成長速度は目覚ましく、しかもまだまだ伸びしろを残している状態なので、三菱東京UFJも信用したものだと考えられます。

エスピーディーは安くて安全性の高い日本車を、海外の途上国を中心に販売しているので、需要が非常に高い会社です。日本で走行距離の長い車を安くで仕入れ、必要とされている場所で高く売るので、利益が出ないはずがありません。
何か大きな事件でも起こらない限りは、エスピーディーの発展は今しばらく続くでしょう。